商品検索


商品カテゴリー





カート
カートの中を見る


おすすめ商品
有機栽培米
特別栽培米
一般栽培米
みそ
梅干し






RSS
ATOM
TOP > お米 > 有機栽培米




ただいま販売中の有機栽培コシヒカリは平成29年産です。
有機栽培ってなんですか?
有機栽培は農薬を使いません。

無農薬栽培とは違うのですか?というお問い合わせをよく頂きます。
無農薬という単語の方が安全な印象を受ける。という方もいらっしゃると思います。

無農薬栽培と有機栽培の違いを簡単に説明します。

まずは無農薬栽培から。

無農薬栽培と表示するための、国が定める規則はありません。
そのため、"無農薬"である場所や期間、範囲があいまいになりがちです。

 生産者は「栽培期間だけ農薬を使っていない作物」を無農薬と考え、消費者は「残留農薬や周辺から農薬の飛散が全くない、農薬から隔離されて栽培された作物」を無農薬と考える。
という解釈のズレが起こるかもしれません。

監査

次に有機栽培(オーガニック栽培)の場合。

 "有機"や"有機栽培"、"オーガニック"という表示は、日本農林規格(JAS)によって、生産方法の基準が定められています。主なものを挙げてみると、

農薬不使用期間 収穫前3年以上
化学肥料不使用期間 収穫前3年以上
使用禁止資材 JAS規定による
第三者機関による監査 年1回

 他にもたくさんあって、例えば、有機栽培でない周辺の土地からの距離なども規定されています。

 国の定めた基準に従って、第三者機関から農薬不使用・化学肥料不使用の栽培方法であると認証を受けたものが有機栽培なのです。

[ ちょっとだけ補足 ]
無農薬栽培をうたっている生産者の中には、有機JAS認証を受ける手間・コストを省くため、有機JASと同等、もしくはそれ以上の基準を独自に設けている方もいらっしゃると思います。ですので、一概に有機栽培が無農薬栽培より優れているとは言えません。


冷蔵保存で変わらぬ品質
 高い気温はお米の品質に悪い影響を与えます。カエル印のコシヒカリは、お米を専用の冷蔵庫に保管することで、品質低下を最小限に抑えています。

 お客様に美味しいと言っていただくために、手間ひまかけて育てたお米。保管方法もできる限りのことをしています。





玄米で食べるなら
米ぬかも一緒に食べる玄米食は、残留農薬の心配をする人が多いようです。
有機栽培は農薬を一切使いません。
玄米食の人には有機栽培コシヒカリの玄米をオススメします。

子供の未来をかんガエル
有機栽培コシヒカリの田んぼにはたくさんの生きものがいます。
小さな子どもたちが田んぼにいるザリガニをつかまえにくる。
そんな風景を残していきたいと思います。



有機栽培をかんガエル
手間ひまかけて作っていますが、収穫量は一般的なお米と比べるとずいぶん少なめ。
非効率的かもしれませんが、私たちの米作りに共感し、このお米を必要としてくれる人のため、これからも有機栽培を続けていきたいと考えています。

草取り




型番 kome-001
販売価格 3,500円(内税)
購入数
オプションの価格詳細はコチラ



白米5kg白米10白米15kg玄米5kg玄米10玄米15kg



この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける